そもそも債務整理って?

まあ、文字の通りというか意味は債務…借金を整理することなんですが、その方法の総称を債務整理と呼んでるんです。
債務整理の方法にはいくつか種類があって、自己破産、任意整理、特定調停とかいくつか種類があります。

債務整理するとどうなるのか?というと一番はやはり借金の返済に追われることが無くなることでしょう。
借金の返済ができなくて借金を返すために別の借金を作ってしまって多重債務者になってしまい、どうにもならなくて生活ができないくなったりすることからも脱出できます。
ケースによってどの債務整理の手段を取るかは弁護士などの専門家に相談して決めてもらうのが一番です。

債務整理は借金でなにも出来ない状態から脱出するための手段で、借金の金額を減らして円滑に支払えるようにしてくれます。専門家に相談すると利息やらいろいろと借金返済に関わることを法律や制度に沿っていろいろと交渉を進めてくれます。

無事に債務整理が叶うと、返済期間が延長されたり利息の額が下がったり、過払いした分が戻ってきたり月々の支払金額が軽減されて借金を完済することができます。

もちろん債務整理にはデメリットもあり債務整理後は5~7年に渡って新たに借金をすることができなくなります。
しかし、借金に苦しんで自殺を考えてしまったり、まともな生活が送れなくなってしまうよりは確実にマシなので借金でどうにもならなくなってしまったら、まずは何よりも弁護士事務所や司法書士事務所に相談をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>